内容証明郵便作成は女性行政書士へ!

武石文子行政書士事務所


行政書士が作成する内容証明郵便とは

1. 内容証明郵便とは

郵便法で定められているもので、どのような内容の文書を出したかを、郵便事業会社の郵便認証司に証明してもらえる制度。文書の形式も規則で定められています。確実な配達を証明するためには、同時に配達証明もつけなければなりません。

2. どのような時に利用をした方がよいのか


  • 明確な意思表示をしたい時
    例えば、損害賠償(慰謝料)の請求などの請求文書・抗議文書・申入書・それらの文書に対する回答書など、明確な事実を相手に主張したい時。
    口頭で言っても相手にされない時も、文書で出すと効果がでることが多い。

  • 貸金の返済や売掛金支払の催促
    時効を一時的に中断できる。
    口頭や普通郵便でも中断にはなるが、請求した証拠が証明できない。

  • クーリングオフ
    クーリングオフの期限は8日以内である。
    内容証明では差出日が記載されるので、有効期間内であることを証明できるし、確実な通知となる。

  • 債権譲渡の通知、株主総会の招集通知など

3. 行政書士が作成するということ


内容証明郵便は、行政書士に頼まなくても、自分で作成することができます。
書店に行けば、書き方の本もありますし、誰でも作成できるものなのです。
しかし、出した内容証明郵便が効を奏さなければ意味がありません。
不倫はやめてほしいと申し入れしても、無視されたりしては仕方がありません。

実際に、無視されたと言って、依頼されてくる方もいますし、ご自分で書かれたものを見て欲しいという方もいます。
そのような方の作成した内容証明郵便を拝見致しますと、明確な意思が感じられなくて、相手も「だから何だ。」と思うような文書であったり、感情のままに書いて、全く訴えるものが無い、もしくはかえって話がこじれるであろうという書き方だったり(これが多いですね)、相手を脅迫していて、かえって訴えられかねないものだったり、ということもよくあります。

勿論、行政書士が作成したからといって、必ずうまく行くとは限りません。
相手によっては無視されることもあります。
その場合は、次の手段を考える必要があります。

「作成人 行政書士 武石文子」と明記することによって、より内容に信憑性と重みが出て、相手もこちらが本気だということを理解するというのも事実なのです。(ご本人名のみでも構いません。)

行政書士のサイトの中には内容証明郵便を専門に行っているところもあります。
料金もお安く、量的な実績があるのは確かです。
私としましては、単発的に内容証明郵便を作成するだけではなく(勿論、そのような仕事も喜んでお引き受け致します)、問題の解決まで精神的な面も含めて、息長くサポートさせていただきたいと思っています。

内容証明郵便依頼の手順へ>>



行政書士/家族・男女問題コンサルタント 武石文子  〜武石文子総合事務所〜
登録番号第04080424号 東京都行政書士会会員
〒184-0004 東京都小金井市本町1-12-4 かねきマンション205 
TEL042(384)1836 (留守電の時もあります)FAX050(1052)1836

電話受付時間:10時〜21時(電話でのご相談は予約制の有料となります)