夫や妻の浮気・不倫のご相談なら当事務所へ

武石文子行政書士事務所


夫婦仲が冷えていない場合、夫や妻の不倫を終わらせるのには、内容証明郵便による不倫相手への警告慰謝料請求(示談書や誓約書で交渉なさる場合は、ご相談下さい。弁護士のご紹介も致します)夫婦間の約束を公正証書にすることが、効果的です。
以下の流れをお読みいただき、ご相談いただければと思います。

配偶者の不倫を終わらせたい・慰謝料を請求したい

1. 証拠を集める
まず、ある程度の確実な証拠を集めます。
裁判をやってでも何が何でも慰謝料を取ろうと思うのであれば、ホテルや相手の住まいに出入りする写真を2回取るのが確実です。でも、そこまではやらない、不倫が終わればよい、と思っているのでしたら、肉体関係があったことがわかるメールや、夜を共に過ごした証拠などがあれば、十分です。

2.

相手の住所と氏名を特定する
内容証明郵便や誓約書・示談書を送るのでも、裁判をするのでも相手がわからなければどうしようもありません。探偵を使ってでも特定して下さい。

3.

不倫相手が既婚者の場合は
不倫の相手も既婚者ですと、慰謝料を請求しても相手の妻や夫からから自分の夫や妻にも同じように慰謝料の請求がされてしまうので、そこのところをどうするか決めておく必要があります。互いの夫婦の四者で会って示談する場合もあります。

4.

夫婦の話し合い
この不倫について、夫や妻と先に話し合うか、それとも相手と先に交渉するかを決めます。夫婦の信頼関係にもよります。

5.

目的を決める
「慰謝料を請求」するのか、請求はせずに、「謝罪」や「不倫をやめることを誓約させる」のを目的とするのかを決めます。(警告書の内容証明郵便や誓約書・示談書の作成はお任せ下さい。)

6.

不倫相手と連絡を取る
相手と直接コンタクトを取るか、もしくは書面を作成し、自宅に送付します。慰謝料の請求をして、振込先を書いても、いきなり振り込んできて終わる、ということは滅多にありません。相手と直接会う場合は、示談書や誓約書の書面を用意します。郵便を送った場合は郵便の受け取りを確認し、回答を待ちます。

7.

検討する
郵便を送付後に何らかの回答があれば、検討します。回答に対する回答は、もう一度手紙を書いてもよいですし、直接会って話し合っても良いですが、決して脅迫したり、家族や会社にばらすと言ったり、実際にばらしては駄目です。

8.

受け取られなかった場合
内容証明郵便が不在や受け取り拒否で戻ってきた時は、次の方法を考えなければなりません。職場に送る、もう一度内容証明郵便或いは特定記録郵便で送る、手渡すという方法もあります。

9.

不倫相手に対して〜示談成立・公正証書の作成
相手が慰謝料を払うことで示談が成立した場合は、示談書(和解契約書)を作成します。分割払いや、一括払いでも支払日が先の場合は、支払いの滞りを防ぐため、公正証書の作成が必須です。また、一括払いの場合でも、不倫の事実を確実な証拠として残すのでしたら、公正証書を作成することをお勧めします。(示談書や公正証書作成、示談のお立会いもお任せ下さい。また、郵送のやり取りで全て済ませることもできますので、遠方の方でも大丈夫です。)

10.

調停や裁判に入る場合は弁護士に
双方、折り合いがつかず示談に至れない場合、相手が無視してきた場合は、調停を申し立てるか、訴訟を起こすことになります。弁護士にご相談下さい。

11.

不倫をした配偶者に対して〜合意書や公正証書の作成
不倫(不貞行為)をした夫や妻との間で、二度と不倫をしないこと、再度不倫をしたら離婚をすることや、その時の慰謝料・財産分与・養育費・親権などを決めて、合意書や公正証書にします。絶対的な法的効力があるわけではありませんが、実際に離婚となった時は有利な証拠となります。内容及び作成についてのご相談にのります。
一ヶ月単位の
メール相談契約
1ヶ月単位のメール相談契約(18,000円 税別)をお申し込みいただけば、
メールで何度でも相談に応じます。また、ご面談でのご相談にも応じます。
一回目のメール相談は無料です。ご氏名明記でお願い致します。


行政書士/家族・男女問題コンサルタント 武石文子  〜武石文子総合事務所〜
登録番号第04080424号 東京都行政書士会会員
〒184-0004 東京都小金井市本町1-12-4 かねきマンション205 
TEL042(384)1836 (留守電の時もあります)FAX050(1052)1836

電話受付時間:10時〜21時(電話でのご相談は予約制の有料となります)